ペアレッスン

 

・あなたの人生が輝き、夢中になれる時間

 

 

・夢中になれることに出逢うと人生が輝く
 

夢中になれることに出逢うと、人生が輝きます。
自分が夢中になれることの1つに仕事があります。人生の中で1番時間を費やすのが仕事です。仕事が夢中になれると良いのですが、誰しもが仕事で1番夢中になれるとは限りません。
そんなときに、仕事以外の趣味で夢中になれることが大事ですが、趣味を見つけることができないのなら、1つの方法としてかけっこや筋トレに夢中になるのはどうでしょうか?

 
 

その運動に夢中になれることができれば、自分を磨いて、自分の体が変わり「カッコいい体になる」「自分に自信がつく」まさに夢中になれることに出逢っているのです。

 
 

・歳を重ねてもカッコいい大人になれる

 

 

このペアレッスンは、「今のあなた」から、こんな「未来のあなた」に変われるペアレッスンです。

 

今のあなた

 

①仕事ができない
②生活のために働いている
③職場の人間関係がよくない
④毎日、仕事が嫌で辞めたいと思っている
⑤毎日がつまらないと思っている

 
 

未来のあなた

 

①自分が好きになる
②自分に自信が持てる
③「かけっこ」「筋トレ」などのトレーニングが好きになる
④カッコいい・イケてる自分になれる
⑤トレーニングでたくましくなった体、相手に羨ましがられる
⑥好きな人に「すごい」と言われる
⑦マスターズ陸上に出場している
⑧他のスポーツにも挑戦している

 
 
私たちは今、大人で良かったと思いませんか?

 

いくつになっても何回でもやり直しがきくから

 
 

このページの目次

  • 1.ペアレッスン・スケジュール
  • 2.ペアレッスン・サポート
  • 3. ペアレッスン料金
  • 4.お支払方法
  • 5.場所・日時
  • 6. 気になる質問
  • 7.最初は不純な動機でもいい
  • 8.あなたがトレーニングに挑戦したくなる言葉
  • 9.身近なライバルに差をつける方法
  • 10.あなたは何度でもスタートできる
  • 11.デメリットを伝える
  •  
     

    1.ペアレッスン・スケジュール

     

     

    このペアレッスンでは、マンツーマンレッスンとは異なり、半年間以上のトレーニングメニューを、あなたと一緒に歩んでいきます。

     

     

    上記の写真の通り、プログラムがDAY1~DAY25まであります。
    期間にすると、6ヶ月以上かかるトレーニングプログラムになります。
    DAY1からDAY2の次回のトレーニング期間は、およそ1週間から2週間となります。
    もちろんお客様との体力や時間のご都合で、次回のペアレッスンの日程を決めていきます。

     
     

    2.ペアレッスン・サポート

     

     

    (準備中)

     

     
     

    3. ペアレッスン料金

     

     

    ペアレッスンの料金は、上記の通りになっております。
    また、分割払いにも対応しております。
    下記の分割払いを参考にして、ご検討して頂ければ幸いです。

     
     

    2ヶ月・6ヶ月・12ヶ月・15ヶ月・24ヶ月

     
     

    4. お支払い方法

     

    お支払い方法ですが、振込となっております。
    また、詳しい手続きに関しましては、申込の際にご連絡致します。

     
     

    場所・日時

     

    ①場所

    ペアレッスンで行う場所は下記の通りです。

     

    陸上競技場

     
     

    河川敷や公園などの自然が多い芝生

     
     

    坂道

     
     

    階段

     
     

    公共施設のトレーニング施設

     
     

    ②日時

     

    日時は、今のところ土曜日・日曜日の午前中と午後の時間帯(目安8時~17時)でペアレッスンを行っていきます。
    今後は、平日の時間帯も考えております。

     
     

    6. 気になる質問

     

    ペアレッスンに関する内容をまとめました。

     

    トレーニング時間は1回につき、どれくらいかかりますか?

     

    1回のトレーニング時間は、2時間から2時間30分程です(場合によっては3時間)。
    ただ、全部の時間を休憩なしにトレーニングは致しません。
    休憩時間をこまめに取りながら、行っていきます。

     
     

    トレーニング頻度は、どのようになっていますか?

     

    基本的には週1回で継続して頂きますが、お客様のご都合もありますので、2週間に1回や3週間に1回などの期間でも可能です。

     
     

    次回のトレーニングは、いつ決めますか?

     

    基本的には、トレーニングを終えた帰りにご予約をしております。また、後日に予定がわかり次第、メールでご予約も可能です。

     
     

    次回のトレーニングに行けなくなった場合、キャンセル料はかかりますか?

     

    急な予定もあるかと思います。キャンセル料はかかりません。その際はご連絡ください。
     
     

    トレーニング施設は、どこを使用しますか?

     

    陸上競技場・芝生・坂道・階段・公共施設のトレーニングジムを使用してトレーニングを行っていきます。

     
     

    雨天の場合は、トレーニングは中止になりますか?

     

    野外でのトレーニングの場合、トレーニング開始3時間前には、「トレーニングの実行する・しない」をご連絡致します。
    実行しない場合は、改めて次回のトレーニング日を設けます。

     
     

    トレーニング当日は、どんな服装で行けばいいですか?

     

    基本的にトレーニングできる格好で、お越し頂くことがいいと思います。
    公共施設や陸上競技場でのお着がえも可能ですが、場合によっては更衣室が不可の施設もあります。
    芝生や坂道でのトレーニング場所では、更衣室がないので最寄駅のトイレなどでお着がえを済ますことになります。

     
     

    運動経験があまりなくても大丈夫ですか?

     

    はい。大丈夫です。お客様の体力に合った、トレーニングメニューを作成していきます。
    ペアレッスンの、DAY1からDAY25までのトレーニングメニューは目安です。

     
     

    7.最初は不純な動機でもいい

     

     

    あなたは、大人になってから運動をする目的を考えたことはありますか?
    運動不足解消・体力の衰え・体調管理・体重を減らしたい・筋肉をつけたい等さまざまです。
    女性の場合は、体重を減らしたい。男性の場合は、筋肉をつけたいなどが挙げられます。
    なぜ、「体重を減らしたい」「筋肉をつけたい」のでしょうか?

     
     

    いくつか理由があると思いますが、根本的に、「異性にモテたいから運動をする」
    これが、けっこうな割合で占めているのではないでしょうか?

     

    私自身、男性なので女性に関しては、運動をする目的を理解するところは難しいとは思います。
    しかし、男性は単純なところがあって(全員の男性が単純ばかりじゃありませんよ。男性のみなさん、ご容赦下さい)、女性にモテたいから、運動を始めたという男性も少なくはないのです。

     
     

    私のホームページに記載している、「日々のコラム」そして「よく読まれるコラムランキング」では、仕事で疲れた人が、運動(ランニングや筋トレ)を通して、自分に自信をつけていくことを書いています。
    「運動を通して、かけっこが速くなる。筋トレをして体つきが変わる。自分の体や運動のパフォーマンスが向上することで、自分に自信をつけていくことによって、仕事ができるようになる」。
    こういう記事をコラムに書いています。

     
     

    運動をすると、考え方がポジティブ思考になることが多くなり、日常生活や仕事での悩みを、ポジティブに考えることができる割合が多くなってきます。
    「何とかなるさ」「○○の件は、△△で対応してみようかな」など、いろいろと突破口が見えてくることもあります。
    運動を通して、日常生活や仕事での不安や悩みを少しずつ改善していくと、少しばかり心に余裕が生まれてきます。

     
     

    私の経験上ですが、運動を継続して体つきが変わり始めると、自分に対して「興味を持つ」「好きになる」ことができます。
    それはなぜか?

     
     

    カッコいい体つきに変わってくるからです。
    カッコいい体に変わると、嬉しくなり、ますます運動を頑張ろうと思えるようになるのです。

     
     

    このカッコいい体に変わることができる。
    このカッコいい体を相手に見せたいという根本的な理由は、女性にモテたいという理由に、つながるのではないでしょうか?(男性の場合)
    もちろんそれ以外の理由もたくさんあるでしょう。
    最初は、単純な理由でもいいと私は思うのです。

     
     

    ここで、子ども時代を思い出してほしいのです。
    あなたが子ども時代、「ヒーローはカッコいい」「ヒーロー気取りの自分」、カッコいい基準で物事を見ていませんでしたか?

     
     

    「カッコいい」は物事を動かす原動力にもなると以前、書籍で読んだことがありました。
    根本的に人は、「自分がカッコいいと思える」ことに、本気になって行動を起こすことができるのです。

     
     

    そして運動をする動機は、時間が経つにつれて変わってきます。
    最初は、女性にモテたいからスタートしても、そこから、もっと自分を磨き自己満足でもいいのです。
    かけっこや他のスポーツの体力・スキル・スポーツパフォーマンスの向上につながっていくこともあるのです。
    最初は、気楽な感じからスタートしても良いのです。
    かけっこを通して、あなたの日常生活が少しでも豊かになることを願っています。

     
     

    8.あなたがトレーニングに挑戦したくなる言葉

     

     

    ・「かけっこと筋トレ」をやってみる。その先が見える

     

    かけっこと筋トレを「やる」「やらない」と迷った場合、「やる」と選択肢を選んでおけば間違いないのです。
    「面倒だ」「辛い」「続けることができるか不安」と言ったネガティブ要素があるにも関わらず、「やる」という選択肢も頭によぎるのであれば、やってみる価値はあります。

     
     

    なぜなら、かけっこと筋トレを行うことによってプラス要素があり、「異性にモテる」「カッコよくなる」「体が引き締まる」「筋肉がつく」これらのいい面が、自分を後押しするのです。
    本当に自分で価値がないと思うものであれば、迷うことはしないはずであり、それでも迷うということは、本当に情熱を注ぎ込めるのです。

     
     

    運動以外の勉強でもそうですが、とりあえずやってみないことにはわかりません。
    何かを深く知りたいと思ったら、勉強するだけではダメで、勉強をしたうえでとりあえず行動してみることが大事であり、それをかけっこと筋トレに置き換えてみるのです。
    かけっこと筋トレをしたことは無駄にならないし、かけっこと筋トレをした意味がわかるようになります。

     
     

    かけっこと筋トレをした後のメリットや納得感を、やたらと求めてくる人がいます。
    こうした人は単なる気が弱い人です。
    一歩踏み出して動くのが怖いから、何かとやらない理由をつけてその場でとどまっているのです。

     
     

    何事もそうですが、成功する人や上手くいく人は、納得感なんて人から与えられるものじゃないと知っているし、自ら納得しようとする姿勢があり、実際にチャレンジして「こういうことか」と自分自信で納得していくものです。

     
     

    今これを読んでいるあなたが、気が弱い自分だとします。
    まず、気が弱い自分を受け入れるところから始めて、それを受け入れると、気持ちが楽になります。そして、一歩勇気を振り絞って始めてみるのです。
    一歩始めてみると、意外と楽に行動を起こせる自分に気づきます。

     
     

    過去に私は、電話営業をしていた経験がありました。
    最初の1回目のチャレンジは、恐怖で仕方がなかったです。
    しかし、2回目3回目と続けていき、そして100回目の頃は平気になっているのです。
    1回やってみるより100回やるほうが簡単だということに気が付くのです。

     
     

    人生のほとんどの恐怖というのは、最初の1回目にチャレンジする壁だと思うのです。
    0から1が一番エネルギーを必要とします。1から100のチャレンジよりも勇気がいります。
    しかし、1回やってみると、「思ったほど大変ではなかった」ということに気づくのです。
    そう考えるとランニングと筋トレを開始するのに、そんなに気が重く感じないと思いませんか?

     
     
    仮にトレーニング後に「かけっこして損した。筋トレして損した」という風に考える人はまずいないのではないでしょうか? それよりも、トレーニング後の充実感を味わえることの方が多いはずです。

     
     

    1回チャレンジした人は100回チャレンジできるから、ますます力をつけていくことができるのです。
    始めの一歩を早く行動することで、見えてくるものがあるのです。

     
     

    ・へこんだら、かけっこと筋トレで解決する 

     

    生きていると必ずへこむ時があります。
    どんな上手くいっている人や普通の人でも必ずへこみます。
    ただ上手くいっている人と普通の人は、へこんでもそこから立ち直る回復力が違ってくるのです。
    上手くいっている人はへこみから立ち直りが早く、普通の人は立ち直りが遅いのです。

     
     

    そこでへこみをできるだけ早く、立ち直る対処法をつくることが大事なのです。
    私の場合は、まず読書をすることです。
    読書をすると、良質な言葉を知ることができ、壁にぶつかった時やへこんだ時の支えになります。

     
     

    そしてもう一つは、かけっこと筋トレになります。
    へこんだ時はかけっこと筋トレをするのです。
    トレーニングをすることによって、「自分はやればできる」と自信がつくのです。

     
     

    ・自信をつけることで立ち直ることができる

     

    ランニングと筋トレで自信をつけると立ち直ることができるのです。
    ここで2つほどお伝えしていきます。
    まず1つ目は、成功体験からくる自信です。

     
     

    ランニングだと、20分走るのがきつかったのが、今では30分走るのも余裕になっている。
    筋トレに関しては、今まで腕立て伏せ30回がやっとなのに、今では50回楽々できるようになった。
    このように「自分でもできる」という成功体験が立ち直るきっかけとなります。

     
     

    2つ目は、見た目の改善によって得られる自信です。
    体を鍛えて、「体が引き締まる」「筋肉がついて大きくなった」という見た目の変化を知ることで、「自分はイケている」と、人は不思議と思える単純なところがあります。
    周りからあなたの体の変化に気づいてもらえることがあります。
    「痩せた?」「筋肉がついた?」「いい体しているね」と褒められると嬉しくなります。
    へこんでいても少し元気になりませんか?

     
     

    筋肉はトレーニングによって傷つき、その後修復されることで以前より強く太い筋肉に生まれ変わります。
    そのためには、栄養のある食事と睡眠が不可欠です。
    同じようにへこんだ時は、栄養のある食事を食べて眠ることが大事です。
    朝目覚めると、へこんだ部分は以前よりも強くなっているはずです。

     
     

    ・根拠のない自信があなたを強くする

     

    あなたの職場を見渡すと、全員が運動を取り入れていますか?
    多分ですが、ほとんど方が運動をしていないのが現状だと思います。
    そこであなた自身が、かけっこと筋トレを行うことにより、いい体に生まれ変わることができます。

     
     

    この「いい体」すなわち「カッコいい」体に変わることができれば、自分に自信をつけることができ、へこんでもすぐに立ち直ることができます。
    例えば仕事で失敗し、上司や取引先から怒られてへこんだとします。
    へこんで立ち直るまで、時間がかかると思います。
    その時にトレーニングを継続していれば、へこむ期間が短くなります。

     
     

    「この会社でいい体をしているのは自分だけ」「この会社で、かけっこで勝負すれば一番速いのは自分だ」。
    このように一見、仕事と関係ないようなことで自信を持つことで、へこみから立ち直ることができます。

     
     

    この根拠のない自信があなたを強くするからです。
    「誰が何と言おうと、自分はこう信じている。そう思う」という、今までの体験と直感を信じることで、誰からも否定されることができないのです。

     
     

    9.身近なライバルに差をつける方法

     

     

    ・2つ以上の世界をもつ。人の魅力が増す

     

    あなたから見て、まわりにカッコいい人はいらっしゃいますか?
    いつも明るくて人生を楽しく過ごしており、何事にも興味を持ってすぐに行動する人、そういう方を見ると魅力的に感じることがあります。
    あなたもこういう生き方を、取り入れてみると人生の幅が広がっていきます。

     
     
    具体的には、「趣味を持つ」「仕事以外の友人をつくる」「新しいことに挑戦する」「スポーツをする」「ボランティア活動をする」といったことを実践していきます。
    このようにさまざま分野の活動をすることで、気持ちが明るくなり、日々の過ごし方や後々の人生が楽しくなっていきます。

     
     

    ここで1つ、私が通っているトレーニングジムで知り合った方が魅力的な人で、その方についてお伝えしていきます。
    その方はトレーニングジムで、筋トレでハードに自分を追い込み、特に上半身の胸と肩周りがすごく発達し、たくましい体つきなのです。
    それに加え、普段からランニングを取り入れて、5kmや10kmのマラソン大会にも出場しています。

     
     
     
    その方に聞いてみたことがありました。「なぜ、長距離走を走っているのに、そこまで筋肉をつけるのですか?」と。
    その方はこう答えました。「確かにマラソン大会などの長距離走を走るのに、この体だと効率が悪い。もっと絞った方がいいのは、自分でもわかっている」

     
     

    「けれども、この筋肉のおかげで、自分に自信が持てる。長距離走でこれだけ筋肉がついている人は他にいない。自分だけ」
    「それが、長距離走を走る時に自信につながる」
    とおっしゃっていました。

     
     

    記録や成績だけにこだわるのなら、体重を軽くする体を絞る方が速く走れるでしょう。
    しかし、長距離走を走るのは、記録や成績だけのためじゃなく(もちろんそれも大事)、自分自身が自信を持てるためであり、「筋トレでたくましくなった体のおかげで、長距離走を走っても自分に自信が持てる」という強みを大事にされているのです。

     
     

    それに加えて、好きな音楽アーティストのライブにもよく足を運ぶそうです。
    仕事が終わってその日に、新幹線に乗って地方まで足を運んでライブを見に行くことも多々あるそうです。
    その方は、好きな音楽アーティストの話しをする時は、イキイキとして腹の底から自分の言葉で話しているのです。

     
     

    「すごいな。パワフルだな」とその方の生き方がカッコよく魅力的に感じました。
    ここで言いたいのは、大人になった今でも、自分の好きなことにかける情熱や想いを楽しんでいることが大事なのです。

     
     

    もちろん仕事の話しをお聞きした時も、仕事に対して手を抜くことなく、向上心がある方だと感じました。
    プライベートなお話しをされている時は、少し垢抜けた感じに見受けられますが、仕事に対してはストイックで、そのギャップがカッコいいと私は感じたのです。

     
     

    とにかく仕事・運動・遊びと全力投球です。
    仕事や日常生活で辛いことがあっても、「運動をする」「遊ぶ」「行動する」ことで、辛い壁を乗り越えてきたのです。
    私も含めこの方のように見習いたと思いました。

     
     
    ・30代から魅力的に見せる生き方
     

    30代から魅力的に生きるためには、器を大きくすることだと思います。
    この器を大きくするには、物事を継続することです。
    どんな分野でも良いので物事を継続すると、心が安定し揺るぎない自信を持つことができます。
    自分に自信を持っている人は、軸がぶれないところがあり、それが相手から見ると自信の表れとなり魅力的に見えるのです。

     
     

    自分に自信をつけるには、日常を変えることが大事です。
    簡単に日常を変えることができるのが、ランニング(かけっこ)と筋トレであり、5年10年さらに20年と継続していけば、体つきや顔つきが変わってきます。
    運動に関わらず物事を継続している人は、相手から魅力的に見えるし、継続しているだけで、相手の人柄がよく感じることもあります。

     
     

    当然物事を継続させるためには、その物事をやる時間を生み出さないといけません。
    社会人になると、仕事で一日の大半を占めることになります。その中で、仕事以外の物事を継続させているということは、時間を生み出す工夫を凝らしているということです。
    その中でランニングと筋トレを継続しているというだけでも、相手から尊敬される目で見られるのです。

     
     

    「仕事が忙しいから自分にはトレーニングをする時間がない」と、やらない口実をつくってずっと先延ばししている人よりも、一目置かれるのです。

     
     

    もう1つは、自分が納得できないことを何も言わずにやり遂げることです。
    10代や20代の頃は自分が納得できないことは、やらないことが多かったと思います。
    しかし30代以降、仕事や人生で自分が納得いかないことの方が多いくらいで、そこを踏ん張ってやり遂げると、必ず器の大きい自分になれるのです。
    納得できないことをやり続けると、意外に自分の才能や長所を見つけることができ、また思わぬ出会いなども訪れることもあるのです。

     
     

    納得できない・やりたくないなどは、実際にやってみると興味が湧いてくることもあり、次第にそれが楽しく感じるようになることも多いのです。
    自分の好きなことや得意なことが増えると、それだけで自信となり、精神的な安定が大きいのです。

     
     

    安定するということは落ち着いており、どこかカッコよく見える自分になれるのです。
    実際に仕事ができる人や、何かを長年継続している人たちを見ていると、どことなく落ち着いたカッコいい風貌な姿に見えませんか?

     

    そこにトレーニングで体を鍛えておけば、より一層引き立つのです。

     
     

    10. あなたは何度でもスタートできる

     

     

    あなたは今、仕事やプライベートで悩んでいることはありますか?

     
    もしくは、「今自分はどん底時代だ」と思っているあなたに、ここで1つ私が通っているビジネススクールの仲間についてご紹介します。

     
     

    ・仕事や日常生活が辛いなら、スポーツを通して壁を乗り越える力をつける

     

    社会人になると、イベントなどを行う機会が減り、活躍する舞台が少なくなります。
    やはり大人になっても、舞台で活躍することは、生きる上で重要です。
    彼は、学生時代から社会人にかけて卓球を続けていました。途中、トレーニングできる環境が整わず、卓球から離れる時期もあったそうです。

     
     

    しかし、そんな中でも卓球を続けたことにより、「全日本社会人卓球選手権」の出場権を獲得したのです。
    彼曰く、高校時代のインターハイの出場とはまた違った喜びがあるとおっしゃっていました。

     
     

    社会人になってから、生活の基盤を失い、生きることを諦めかけたりした。そして何度も負けて自分の実力のなさを思い知ったこと。
    こういう経験があるからこそ、社会人となった今、「喜びの質」が全く違ったとおっしゃっていました。

     
     

    いい年した大人がなんでそんな必死になるのか? ましてお金になるわけでもないのに。実利のなさを理由に笑われるかもしれないと。
    でも彼は違ったのです。

     
     

    彼がそのことについてSNSの記事を投稿した一部分を引用させて頂きます。
    ― 『僕にとっては、そのちっぽけで実利性のない夢が、人生を充実させるために、心の底から幸せを感じるために、どうしても必要な要素だった』  ―

     
     

    そして彼は続けてこう言いました。「実際に叶えた瞬間は、目の前に広がる世界が少し輝いて見えた」とおっしゃっていました。
    1つの成果を出すことで、自分でもできる。そういうところに自信が出てくるのだと思います。

     
     

    まさにかけっこや他のスポーツ、そして他の物事にも共通して言えることです。
    物事を途中で諦めかける。あるいは中断してしまった。
    けれども、再び目標に向けて頑張っていく姿勢が、仕事や日常生活が辛くても、耐えることができるのではないでしょうか?

     
     

    あなたにも仕事や日常生活が苦しくても、運動を通して壁を乗り越える力をつけてほしいと願っています。

     
     

    ・未来が良くなると過去が変わる  
     

    私が運動を通して感じたことがあります。
    以前の過去が最悪で「恥ずかしい・情けない・知り合いに顔向けできない」などの相手に話せない過去があったとしても、運動を継続して、立ち直り、仕事や日常生活もしっかり基盤に乗せることができるようになると、過去の苦い思い出がいい思い出に変わります。

     
     

    ここで少し、私の過去についてお伝えします。
     

    『13歳から28歳までの15年間陸上競技を続ける。種目は短距離走の100m。
    競技引退後は、目標を見失い仕事を転々とする日々を送る。生活の為に働くことがすごい苦痛で、働くことが嫌でたまらなかった。

     
     

    何度も仕事を辞めたくなる気持ちがあったが、いつしか踏みとどまることができた。それは、本屋で偶然目に入った本があった。
    そこには、「自分の好きなことをしよう。好きなことを仕事にしよう」という本に出逢い、自分の好きな陸上競技にもう一度挑戦し、自分の人生に輝きを取り戻した。
    今度は、人に教える・走る楽しさを伝えるコンセプトに「オトナかけっこ教室」を自分で創った。』

     
     

    ここでも私のプロフィールを簡単に記載しましたが、競技引退後は、目標を見失い仕事を転々とする日々が続いていました。生活の為に働いていましたので、仕事がすごく苦痛で、そして自分に甘えていた時期でもあり、仕事が嫌になるとすぐに辞めて、仕事から逃げていたのです。

     
     

    一度仕事を簡単に辞めてしまうと、辞め癖がついて次の仕事もすぐに辞めてしまいます。
    人は落ちるとこまでいくものです。最終的には、働かず引きこもってしまいました。
    親にもずいぶん迷惑をかけました。そんな自分が嫌いで、友人や知り合いに顔向けできなかったのです。

     
     

    そして、このままではダメだと思い、もう一度気持ちを立て直し、再度正社員で働き出します。ずいぶん親や周りにも迷惑をかけたので、もう気持ちを切り替えて頑張るしかないと心に誓うのです。

     
     

    しかし、働き出してから一年もしない内にまた辞めたいという気持ちが強くなってくるのです。
    しかし、踏みとどまることができたのです。

     
     

    重複しますが、それは好きな陸上競技にもう一度挑戦したからです。

     

    自分が好きなことをやり始めると、心がイキイキします。そしてドキドキ・ワクワクする人生に変わり始めます。
    実際に、仕事以外の事を頑張ってみると、仕事の成果が上がり始めることがあります。
    私自身がそうでした。

     
     

    そして仕事の成果が上がると、職場の人間関係が良くなっていくケースもあります。
    私は、好きな陸上競技を再開し、さらにはオトナかけっこ教室を創り、お客様と一緒にかけっこを走り続けていきました。

     
     

    気づくと、仕事の成果が上がり続け、職場の人間関係が改善されていました。
    以前は、「櫻井さんは仕事ができない人」と言われていたのが、いつの間にか「○○の部署で仕事が一番できる人は櫻井さんだ」と、人づてで聞いた時は、本当に感激しました。

     
     

    やはり何か仕事以外で目標をもつと、人は変われるのだと実感しました。
    仕事が嫌・自信喪失・やる気低下・人間関係が悪化などの場合、その職場で解決をするのもいいのですが、一度違う場所(コミュニティ)で何かを頑張ってみる。
    そうすると、現状の悩みが解決することもあるのです。
     
     

    あなたも、過去にあまりこだわり過ぎずに、これから未来をよくするために努力をしませんか? そこで、「かけっこ」という1つの手段として、何となく「自分でも続けれそうだな」と思えたのなら、実践してみるのです。

     
     

    未来を良くすると、苦い過去も笑い話にできるくらいの大人になる方が、カッコいいと思いませんか?

     

    そういうあなたに、人は集まりついてくるのです。
    辛かった過去も、相手に堂々と言えるそんな大人になれるとステキだと思います。

     
     

    最後に言葉のプレゼントを送ります。 あなたらできるよ

     
     

    11. デメリットを伝える

     

    この項目まで読んで頂きありがとうございます。
    ここでは、ペアレッスンについてのデメリットについてお伝えしていきます。

     
     

    陸上競技の短距離専門の指導者・パーソナルトレーナー(筋トレ・ストレッチ・コンディショニング系)・スポーツトレーナー(スポーツ予防・リハビリなど)、などの専門家に比べると私のスキルやノウハウは劣ります。
    各専門分野のスペシャリストにご指導を仰いだ方が、スポーツパフォーマンスが上がることは間違いありません。

     
     

    しかし、私がお客様のあなたに各専門分野のスペシャリストの方たちよりも、1番のメリットとしてお伝えできることがあります。
    それは、「かけっこを通して、運動と人生が楽しくなる日々を送れる」ことを、体験を通してお伝えすることをお約束いたします。

     
     

    さらにはプロフィールに私の経歴と、もう1つ幼少期から現在までのエピソードを綴っています。
    そのエピソードを踏まえ、ペアレッスンのデメリットと、承知の上でご検討いただければ幸いです。

    ▼シェアをお願い致します!▼

    お問い合わせ・ご相談はこちら

    メールでのお問い合わせ

    フォームからのお問い合わせ

    お問い合わせフォーム »
  • あなたのココロが軽くなる仲間づくり
  • かけっこをまなぶ
  • かけっこ体験する
  • かけっこ仲間づくり

コラムテーマ一覧

よく読まれるコラムランキング

⇑ PAGE TOP